ミキテクノサービス ブログ

窓ガラス清掃・高所作業専門業務の会社

マツダ3 の貸し出しが始まる。福利厚生2

 

 

ミキテクノサービスの社員に安全と走る喜びを1年間提供します。

福利厚生(※該当条件あり)

 

 


MAZDA3 FASTBACK

 

①後方からの車の接近を通知する:
ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&後側方接近車両検知(RCTA)

②車線からの逸脱を警告する:車線逸脱警報システム(LDWS)

③車線からの逸脱回避を支援する:レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

④少ない視線移動で表示認識できる:交通標識認識システム(TSR)

 

★危険の芽「ヒヤリ・ハット」を減らすための安全技術


①後方からの車の接近を通知する

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)&
後側方接近車両検知(RCTA)

 

BSMは自車の後方から接近する車両の存在を知らせることにより、車線変更時の後方確認を支援するシステムです。
約15km/h以上で前進しているときに後方からの接近車両を検知して、その接近状態に応じてドアミラー表示を点灯させます。
その状態で点灯した側にウインカー操作すると表示が点滅。
警報音とともにドライバーに危険を知らせます。
RCTAは駐車場などから後退するとき、左右後方に接近した車両を検知して、BSM接近表示灯の点滅と警報音でドライバーに危険を知らせます。

標準装備:全車

・検知エリア:自車の左右に隣接する車線で、
自車のリアドア後端から自車の後方約50mまで

 

 


②車線からの逸脱を警告する

車線逸脱警報システム(LDWS)

自車が車線から逸脱する可能性があることを知らせるシステムです。
約60km/h以上での走行中にカメラが車線の白線(黄線)を検知。
自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、警報音とステアリングの振動でドライバーに知らせます。

標準装備:全車

 

 


③車線からの逸脱回避を支援する

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

自車が車線から逸脱する可能性があると、
ハンドル操作をアシストすることにより車線からの逸脱回避を支援するシステムです。
約60km/h以上で走行中に車線の白線(黄線)を検知して、自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、電動パワーステアリングを作動させてドライバーのハンドル操作をアシスト。
同時にマルチインフォメーションディスプレイの表示でドライバーに知らせます。

標準装備:全車

 

 


④少ない視線移動で表示認識できる

交通標識認識システム(TSR)

走行中にカメラやナビゲーションシステムが認識した交通標識を、アクティブ・ドライビング・ディスプレイとメーターに表示することで、交通標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援するシステムです。
表示した最高速度標識の速度を超過したときは、表示や警報音でドライバーに知らせます。

標準装備:15S、15S Touringを除く全車

 

 


①ドライバーへの休憩をお勧めする:ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

②ドライバーの眠気・わき見を検知する:ドライバー・モニタリング

③高速道路での渋滞時に疲労軽減をサポートする:
クルージング&トラフィック・サポート(CTS)

④車間距離を一定間隔で保つ:マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

 

★危険の芽「ヒヤリ・ハット」を減らすための安全技術/運転負担を軽減する安全技術

 

 


①ドライバーへの休憩をお勧めする

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

ドライバーの疲労や注意力の低下を検知し、ドライバーに休憩を促すシステムです。
車線内を約65km/h以上で走行しているとき、
クルマがドライバーの疲労増加や注意力低下を推定。
マルチインフォメーションディスプレイの表示と警報音でドライバーへ休憩を促します。

標準装備:全車

 

 


②ドライバーの眠気・わき見を検知する

ドライバー・モニタリング

ドライバーの疲労や眠気を検知し、休憩を促すシステムです。
約5km/h以上で走行しているとき、ドライバーモニタリングカメラで顔の各部位の特徴点の変化を検出し、ドライバーの疲労や眠気を推定して、マルチインフォメーションディスプレイの表示および警報音でドライバーへ休憩を促します。

メーカーセットオプション:全車

・警報パターン(注意):疲労や眠気を検出した場合
・警報パターン(警告):より強い疲労や眠気を検出した場合

 

 


③高速道路での渋滞時に疲労軽減をサポートする

クルージング&トラフィック・サポート(CTS)

追従走行機能とステアリングアシスト機能により、高速道路や自動車専用道路の渋滞時に運転疲労の軽減をサポートするシステムです。
先行車との車間距離を一定に保つ追従走行に加え、車線を検知している場合はステアリングアシスト機能が車線に沿った走行をアシスト。
車線を検知していない場合は、先行車の走行軌跡に沿った走行をアシストします。

標準装備:PROACTIVE Touring Selection (20S、XD、X)、LPackage (20S、XD、X)、
Burgundy Selection (20S,XD, X)

メーカーセットオプション:PROACTIVE(20S、XD、X)

・追従走行機能
AT車:0km/h~高速域まで、 MT車:約30km/h~高速域まで

・ステアリングアシスト機能
AT車:約55km/h未満、MT車:約30~55km/h

※追従走行機能とステアリングアシスト機能は、作動条件の車速に差があります。

 

 


④車間距離を一定間隔で保つ

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

フロントレーダーセンサーが先行車を検知することで、アクセルペダルやブレーキペダルを踏まなくても、 設定した速度での定速走行や、車間距離を一定に保ちながら追従走行ができるシステムです。

標準装備:全車

・AT車:0km/h~高速域まで
・MT車:約30km/h~高速域まで

 

 

 

①キャビンの変形を最小限に抑える:SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE

②衝突時に歩行者の体を守る:歩行者保護

③乗員を素早く拘束:高機能シートベルト

④乗員の体をしっかりと受け止める:SRS*エアバッグシステム 運転席&助手席


★万が一の事故や衝突による被害を軽減するための技術

 


①キャビンの変形を最小限に抑える

SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE

全方位からの衝撃エネルギーを効率的に吸収・分散するフレーム構造を採用。
高強度な超高張力鋼板を使った骨格と多方面への環状構造を基本に、衝突時の変形の仕方を最適化するなど、高い衝突安全性能を実現しています。

 標準装備:全車

 

 


②衝突時に歩行者の体を守る

歩行者保護

歩行者の頭部を効率的に受け止上めてエネルギーを素早く吸収するボンネット構造と、膝周りにかかる力を低減する工夫を取り入れたフロントバンパー構造によって、万一の衝突時に歩行者の傷害を軽減します。

標準装備:全車

 

 


③乗員を素早く拘束

高機能シートベルト

運転席・助手席・後席左右には、
衝突初期の拘束性を高めるプリテンショナーと、安定した荷重で乗員を拘束するロードリミッターを装備。
また、シートベルトの締め忘れを防ぐ
シートベルトリマインダーを全席に採用しています。

標準装備:全車

 

 


④乗員の体をしっかりと受け止める

SRS*エアバッグシステム 運転席&助手席、
運転席ニーエアバッグ、カーテン&フロントサイド

SRS*エアバッグシステムを全車に標準装備。
前方からだけでなく、側面からの衝突時にも前後席の乗員への衝撃を軽減します。
さらに運転席には、膝周りの傷害や体の前方移動を抑えるSRSニーエアバッグを採用しました。

標準装備:全車